オレンジ・パートナーズよりの事務所通信


事務所ニュース 9月号 Vol.3

事務所ニュース 9月号 Vol.3

いつもお世話になり、ありがとうございます。

9月に入ってもなお厳しい残暑の毎日が続いています。夏休みも明け、学校では子ども達の運動会に向けた練習も盛んになる頃でしょうが、暑さ対策はまだしばらく必要なのでしょうね。

さて、今月は働くパパやママの育児休業を支援する会社には、行政が100万円を会社に補助するという助成金がテーマです。この助成金、実は平成18年に創設され、現在は平成23年度までの時限的に設けられたものです。

会社で初めての育児休業者が出た場合には100万円を受けることができ、さらに2人目の育児休業についても80万円、また育児のための短時間勤務を行った場合でも助成金が支給されるため、社員にとっても会社にとっても嬉しい助成金です。

助成金といえば、大量の資料準備等が必要になったり、受給要件が非常に厳格であるため、申請すること自体が難しいというのが通例ですが、この子育て支援助成金はその点もかなり緩和されています。

【主な要件】
  • 常時雇用者が100人以下である。
  • 就業規則(育児規程)が整備されている。
  • 一般事業主行動計画を作成し、届出ること。
  • 平成18年4月以降、初めて育児休業取得者または短時間勤務者が出た。
  • 6ヶ月以上休業または短時間勤務を行っていること。

子育て支援助成金および産前産後の給付金に関するご質問、ご不明点はぜひ当職までお声がけください。より良い就業環境を整えるお手伝いを致します。

  • 9月から厚生年金保険料の料率が上がります。10月支払給与から年金保険料の控除額が変更されることになります。16.058% (従前:15.704%) 詳しくは日本年金機構HPをご覧ください。
  • 社会保険の算定結果に基づき、社員各人の標準報酬月額を給与ソフトに反映することが必要です。10月保険料分より適用します。ご確認ください。

社会保険労務士事務所 オレンジパートナーズ


このページのトップへ